オタク婚活で見かけるDINKsについて紹介

オタク婚活で見かけるDINKs希望とは?婚活でDINKsを希望する理由とは

オタク婚活,DINKs希望,メリット

 

オタク婚活に限らないのですが、結婚活動をしているとときどき見かける「DINKs希望」の文字。
あなたは、DINKsというものをご存知でしょうか?

 

DINKsとは、Double Income No Kidsの頭文字をとった言葉で、「共働きで、子どもを持たない夫婦」のこと。
つまりDINKs希望の人は、「結婚はしたいけど、子どもは(今のところ)欲しくない」という意味なわけです。

 

「生涯結婚しない」という人は増えてきた現代、それでも「結婚はしているけれど、子どもは持たない」という選択肢を選ぶ夫婦はまだまだ少ないものです。
長い間夫婦として生活しているのに、子どもがいないという話を聞くと、私も無意識に「何か複雑な事情があるのかな……」などと邪推してしまいます。(偏見ですね。反省です)

 

そうはいっても、子どもを持たない夫婦はたくさんいます。私の友人にも夫婦ふたりで暮らしている人はいて、楽しそうに夫婦生活を営んでいます。
偏見を取り払ってみれば、オタクとDINKsの相性はよさそうに思います。

 

というわけで今回は、オタク婚活におけるDINKsのメリットと、DINKs希望の人の活動方法ついて紹介したいと思います!


オタク婚活ではDINKsは大いにアリ?オタクとDINKsの相性の良さについて

結婚をするのに、子どもは欲しくない。
子どもが苦手な人もいれば、興味がない人もいます。だけどそれならわざわざ結婚までしなくていいのでは?と思う人もいることでしょう。
そんな人に向けて、DINKsのメリットについて紹介します!

 

時間とお金が自由に使える

DINKsであることのメリットの一つは、時間とお金が自由に使えることです。
結婚して共働き、子どもを持たないとなれば、夫婦の時間を差し引いたとしても、自分のお金と時間を多く持てることでしょう。
オタクにとってお金と時間はいくらあっても困りません。
子どもと一緒にオタク趣味を楽しむのも夢がありますが、夫婦二人で、もしくはそれぞれのオタク道を究めてみるのもまた楽しいかと思います。

 

経済的に安定する

DINKsであることのメリットの二つ目は、共働きによる経済的な安定です。
超少子化社会である日本で、出費は増えていくばかり。

 

子どもを産むとなると女性は休職や仕事を辞めることを考えなければいけません。
さらにひと一人を育てるとなると、育てるのに時間がかかり支出は増えます。

 

もちろんそれ以上の喜びがあるでしょうが、夫婦ふたりで暮らすほうが経済的にずっと安定するのは事実。
経済的な安定は、DINKsのメリットであると言えるでしょう。

 

2人の時間をずっと楽しめる

DINKsであることのメリットの三つ目は、2人の時間をずっと楽しめること。
旅行へ行くのも、オタク活動するのも、2人で計画してフットワーク軽く実行に移すことができます。子どもがいるとそうはいきません。
子どもを持つと、体力のある20代〜30代を子育てに費やすことになり、遠出のデートも難しくなるでしょう。

 

2人きりの夫婦生活を楽しみたい人にとっては、DINKsは立派な選択肢の一つとなります。

 

オタクでDINKs希望の場合はどこでどんな風に活動すべき?婚活の方法とは

オタク婚活,DINKs希望,方法

 

では、オタクでDINKs希望の人はどうやって活動するのがいいのでしょうか?
婚活市場では、子どもが欲しいから結婚するという人が圧倒的に多いのも事実です。
DINKsとしての夫婦の形を望む場合、どういうふうに活動すべきか、紹介します。

 

オタクに限らない

DINKs希望の人は、相手がオタク、ということにこだわらないことです。
そもそもDINKs希望で婚活をしている人はごくごく少数です。ほとんどの人が子どもを望んでいます。
「オタクである」というだけでぐぐっと範囲が絞られるというのに、さらに「DINKs希望」もしくは「子どもはどちらでも」という条件までつけると、当てはまる人がいなくなってしまいます。
ですので、広い視野で相手を探すことが重要になります。

 

DINKsを明記する、明記されているところに参加する

DINKs希望の人は、可能な限りそれを明記するようにしましょう。
それを書かずに仲が深まってから「子どもは欲しくない」というのは悪手です。なぜなら婚活は子どもが欲しいと思っている人が多いからです。
今はDINKs希望者ばかりが集まる婚活パーティーも開催されています。
そちらであれば、共働きで子どもは欲しくないと思っている人ばかりが集まりますから、最適です。

 

オタクでDINKs婚活するのは難しいけれど、道はある

いかがでしたでしょうか?
再三書きましたが、婚活でDINKs希望という人は多くはありません。
しかし、いないわけでもないのです。

 

婚活アプリや結婚相談所に行けば、「子どもを希望しない」という人は多くなくても、「子どもはどちらでも」という人はそこそこいます。
そういった人を狙うのもアリでしょう。

 

結局のところ、探さなければ見つかりません。行動することが重要です。
あなたがいつか結婚したいと思える理想の人に出会えるように、応援しています。

オタク婚活,ランキング

トップへ戻る